2009年11月03日

二子玉から帰る

で、初めて自分の足で来た二子玉。帰路につく。こういう時、輪行バッグを持っていれば、電車で帰れるんだろうなあ。

帰り道で反対方向を向くと、初めて気づくこと。足が売り切れてる……。

とにかく足がだるい。力が入らない。太ももがパンパンだ……。サイコンを見て距離を確認すると、ここまで25km。あと25km走らなきゃいけないと思うと、滅入りそうになる。

とはいえ、来ちまったものは仕方がない。踏まなきゃ帰れない。

足の痛みを抑えながら、痛くないように痛くないように回していく。アベレージは落ちていくけど、仕方がない。ロード乗りの人達にビュンビュン追い抜かれていく。それでも、25km/hで走っているところで、「はやっ!」と思うスピードで抜かれるんだ。あの人達はいったい何km/hで走ってるんだろう?

でも、気が付くと、休憩無しで一時間走っていた。往路は休憩だらけだったのに、何で帰りは長時間持つんだろう?

南多摩水再生センター対岸辺りで、本気で足が動かなくなってきたので、休憩。あんパンがうまい。写真を撮りつつ、カロリーが筋肉に回るのを待つ。10分ほど休んだところで、再び先へ。少し休んだだけなのに、結構回復してる。

そこから20分。国立に戻り、中央道の下をくぐったところで、今日のゴールに決める。堤防のサイクリングロードも一旦終わる場所だし。

もう一度休憩&あんパンを補給して、再びカルマックスタジマさんに向かう。

足がもうくたくたなので、軽く流しながらゆっくり谷保へ。

さっき調整してくれたお兄ちゃんに、「ペダル・ブレーキともに快調でした」と報告。でも、一日に二度寄るからには、それ以外の理由がある。

私が一人で走りに行くのを見て、奥様が「私も連れてけ」と主張したのだ。

じゃあ、今あるママチャリで、と言うと、重いから嫌だ、と言う。てことで考えた。

・今のママチャリから買い換える
・奥様が乗れるもの
・普通のママチャリよりも軽いもの
・変速ギアの着いているもの
・フラットバーハンドルのもの
・デザインがいいもの
・ママチャリ並に実用的であること
・私の普段の通勤にも使えるもの

とはいえ、普通のクロスバイクだと飾り程度のカゴしか着かなくて実用的に使えないし、安いママチャリだと重い。

で、選んだのがこれ。

ブリジストン マークローザ・スタッガード

ベース16.1kgで、普通のママチャリよりも軽め。外装6段でそれなりに走れると。スタッガードフレーム(トップチューブが斜めなもの)なので、奥様でも乗りやすい。ハブダイナモ自動点灯ライト・フェンダー・チェーンガード・フロントキャリアにバスケット、と実用装備もばっちり。

何よりもベージュの色がよい。

それにしても、トランジットスポーツといい、マークローザといい、こういう中途半端なところにフィットする商品を作るというのが、ブリジストンのいいところじゃないかな。

GIANTのESCAPE M CLASSICとかも考えたんだけど、この二台雰囲気似ているようで、コンセプトが全然違う。GIANTはどう頑張ってもママチャリにはならない。

ということで、取り寄せてもらおうと思って話を聞きに行ったわけだが、二階に上がってみたらまさにベージュモデルの展示があった。

ゆっくりと各部のチェックをして、色合いを確認。よし。

これなら、明日にでも納車できるとのことで、店長さんと相談しながらオプションを決めていく。

・奥様の欲しがっていたスピードメーター
・両立のスタンド
・ソーラーテールランプ
・前カゴ
・サークル錠
と、いろいろ追加。手付けを払って帰宅。17:00。

「どこに行ってたの!」と奥様に叱られる。ごめんなさい。平謝り。

 

そそくさと着替えて、家族みんなで国立音大の芸術祭に出掛ける。後夜祭の締めくくりにNew Tide Jazz Orchestraの演奏があるのだ。誰も何にも言わないけれど、国立音大出身のとあるジャズミュージシャンが毎年登場するのだ。それを目当てに夜になると人が集まってくる。

夜が更けていくと結構冷え込んできて、唯一コートを着てくるのを忘れてしまった私はブルブル震えながら聞いていた。素晴らしい演奏だったが、寒かった。

くしゅん。

Dst:52.01km
Av:19.5km/h
Odo:200.3km

追記
地名・時間などは、GPSロガーの地図で確認しながら記事を書いています。走っている時は、場所なんか意識してません。自動で走行記録をつけてくれるGPSロガー君に感謝!

posted by Jiro at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33436536
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック