2009年10月18日

多摩サイデビュー

三時すぎに家を出る。市内ばっか走ってても仕方がないので、少し足を伸ばそう。とりあえず矢川駅前のいなげやで、薄皮あんパンとポカリを仕入れ、南へ。

国立に住んで10年以上になるのに、多摩川の土手に行ったことなんて、数えるほどしかない。ママチャリだと堤防に出るだけで一仕事だったけど、トランジットならすぐ行ける。

P1070873

てことで、多摩サイクリングロードデビューとなりました。夕日に影が綺麗に伸びていました。

このまま上流に向けて走ります。最初はこわごわとローディの人たちの走りを見ながらペースを上げていきました。自転車の人も歩行者の人も、皆さんマナー良く左側を通ってらっしゃいました。多摩サイはマナー悪い自転車乗りがいるって話は何だったんだろう?

ディレイラーの調子が悪くなったり、右クランクだけ変なノッキングが出たりで、何となく落ち着かない。ワイヤー調整したり、ペダルを確かめたり、写真を撮ったり。堤防を外れる部分では、ローディの人が通過するのを待って追いかけてみたりして、なんとか本道を見つけたり。

P1070888
夕日に映えるモノレール

一時間ほど走って橋の下を通過して、堤防に昇ったところにベンチがあったので、一休み。あんパン食べてさあ帰ろうとしたところで、「忘れ物だよ!」ベンチにグローブを置き忘れてたのを、三人組のおじさん達に教えてもらう。

頭を掻きつつスタンドを立てると、ESGEのダブルレッグスタンドを「面白いね!」と。トランジットを魚に自転車談義に花が咲く。なんでも、五日市から二子玉まで行ってきたのだそうだ。何kmあるんだろ?

恐縮しつつ再び帰り道に向かう。帰りは一気に来た道を戻る。道が分かっていると、やっぱ安心。ペース配分と歩行者に気を配りながら走ることが出来る。来たときよりもずいぶん早く家まで着いてしまった。

往きに気になったノッキングも和らいできたし、慣らしの範囲で収まるものかもしれない。もう少し走り込んでから、店に相談に行こう。

Trip:14.95km
Av:17.1km/h
Odo:29.3km

今日だけで、25km走って、書いている今は足がパンパン。腕も突っ張る。日頃の運動不足がたたる……。

うちに帰って「多摩川を北上……」と言ったら、「あなたにはコンパスが必要よね」と、奥様に笑われてしまった。

Blog書こうとして、どこまで行ったか分からないことにも気がついた。「GPSも必要ね」と、さらに失笑を買ってしまった。

確かに。そうかもしれない。

posted by Jiro at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33003738
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック