2009年11月26日

少しずつ遠くに

火曜日に降り始めた雨が、昨日の昼頃上がり、スカッといい天気になりました。木曜日も一日晴れの予報だったので、多摩サイに走りに行ってきました。

前回は、国立〜二子橋(往復50km)だったので、今日はもう少し遠くまで行くことにします。今回はぶっつけ本番ではなく、事前予習をしておきました。

多摩川サイクリング情報フラッシュマップのページによると、二子橋〜丸子橋までの区間の左岸側は砂利道になっているとか。

てことで、午前9時。快晴とは言えないものの、割と気持ちのいい天気。風も弱く、気温も暖かめ。小さめのナップサックに、弁当・カメラ・パンク修理キット・ペットボトルを詰め込んで、さあ出発!

コンビニであんパンを買ってから、多摩川に出ます。河口に向けてひた走ります。

今日は体調がいいのか、前よりも速いペースで走っていけました。それに、平日の多摩サイは空いてて走りやすい。ローディに抜かれるのは相変わらずですが、数が少ないので気持ちが楽です。

 

府中かぜのみちをしばらく行ったところで、「地面に箱が!」

あわててかわそうとしてブレーキをかけた後で気が付きました。「ただのペイントじゃんか!」

おそらく、自転車に速度を落とさせるためのものでしょう。先月通った時は無かったと思うので、最近施工されたものだと思います。ぎょっとさせるという点では、実に良くできています。

ただ、2回目以降には効果がないと思うのですが、どうでしょう。4カ所ぐらいに貼ってありました。

#この写真を撮影しようとしてカメラを取り出したところ、バッテリが入ってませんでした。電池の無いカメラを持ってくるというお約束のボケをかましてしまいました。ので、上の写真はアドエスのカメラで撮ったので、今一雰囲気が伝わってません。

その後は、30分に一回程度の割合で休憩を取りつつ、無理しない範囲で走っていきました。一度通ってる道という安心感もあったのでしょうか、それほど疲れません。

二子橋の手前で休憩を取った後、二子橋を渡って右岸に進みました。足の様子を見ながら、30分=10km程度走ったところで折り返すことにしました。

弁当を食べようとして箸持ってくるのを忘れたことに気付いて、2回目のボケ。ゴルフの練習を眺めつつ30分ほど休憩。

さて、ここはどこだ。GPSをアドエスに繋いで……。ケーブル持ってくるのも忘れた。orz…

あとでログを見たところ、第二京浜の下まで来ていました。もう少し走れば川崎駅まで行けたんだ……。

帰りは疲れる足に気合いを入れつつ、来た道を戻ります。途中、狛江市の和菓子屋「いちもと」で栗どらやきと栗大福を購入。どらやきをお土産用にして、大福は堤防に戻ったところで食べました。うまかった。熱いお茶が欲しくなります。

今日のログ。

より大きな地図で 多摩サイ(2009/11/26) を表示

dst:69.77km
ave:20.9km
odo:386.1km

実走行時間3時間19分に対して、実時間5時間10分もかかりました。太もも・膝・腰・手に疲れが残っていますが、前回50km走った後よりは、体が楽な気がします。

少しずつ長い距離が走れるようになるのは、気持ちがいいもんですね。

#次は河口を目指すぞっと。

posted by Jiro at 22:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月25日

GT-730FL/S付属のPhototrackrが使いにくい→GPSBabelで読み出し成功!

先日購入したGPSロガーのGT-730FL/S ですが、製品自体は小さい上にそれなりの精度でログを吐いてくれるんで、結構気に入っています。

ただ、付属のソフトCanmore Phototrackrが余り使い勝手が良くありません。

気に入らない点をいくつか上げると……

・写真にGPS情報を書き込みを行うと、EXIF識別子の付いていないjpgファイルを元ファイルに上書きしてしまう。
 他のEXIFツールで操作できなくなってしまうので大変痛い。
・「写真管理」の画面では、1回分のログに名前をつけることが出来るが、一つ一つのトラックを見ることが出来ない。
・「旅記録」−「旅行記を見る」画面では、個々のトラックを参照できるが、名前で呼び出せない。
・地図上をクリックして、何時の記録か見ることが出来ない。
・ログの保存が独自形式なので、NMEA/GPX/KMLなどのフォーマットに変換する際に、マウス操作が一手間がかかってしまう。
・標高計算がバグってるらしい? (情報元:jr7cwksぶろぐ:GPSロガー>GT-730F(L)>Phototrackr>標高がおかしい
  あいにく関東平野から出ないので、検証できてないのですが。
・Canmore社のソフトではなく、GiSTEQという会社からのライセンス品が付属していて、Canmoreはバージョンアップする気配を見せない。

などなど。

 

こういう精神衛生に良くないソフトを使い続けるのもなんなんで、代わりになるものを探してみました。

1)製造元 Canmore社 http://www.canmore.com.tw/

  PhototrackrはDEMO版しかないので×。
  PhototaggerをDLしてインストール。→プロダクトキーを要求されるため、使用不可。見た感じはPhototrackrよりいい感じなんだけどなあ。

2)Chipメーカー Skytraq社 http://www.skytraq.com.tw/downloads.htm

  AGPSユーティリティしか置いてない。
  それにしても、台湾の電子機器メーカーのHPって、どうしていつもやる気が無さそうに見えるんだろう?

3)Phototrackrの開発元 GiSTEQ

  まさに、Phototracker Miniと言う名前で、GT-730FL/Sと同じものを売っているので笑った。

  ソフトの方は最新版(v2.5.921)がおいてあったので、インストールしてみる。
  特にプロダクトキーを聞かれることもなく、普通に起動する。日本語リソースは入っていない。設定項目はCanmoreのV2.4.808.0と比べると、設定項目が増えている様子。

  これなら、標高バグも直ってるな!と思って、繋げてみたら、Canmore製品は認識せず。メーカープロテクトをかけているっぽい。

  てことで、結局使えず。

4)GPSBabel OSSのGPSログ変換&読み出しツール

  いろいろ彷徨った挙げ句に辿り着いたのが、GPSBabel。1.3.7-Betaから、skytraqのサポートが入ったようです。

  普通にインストールすると、GUIフロントエンドが立ち上がりますが、COM17に繋がっているのに、COM1〜4までしかメニューに出てこないというお約束の設計ミスのおかげで、GUIフロントエンドは使えません。

  仕方がないので、コマンドラインで試行錯誤。

<gpx形式で読み出す場合>

gpsbabel -t -i skytraq,initbaud=38400,baud=38400 -f COM17 -o gpx -F logfile.gpx

<kml形式で読み出す場合>

gpsbabel -t -i skytraq,initbaud=38400,baud=38400 -f COM17 -o kml -F logfile.kml

とすることで、無事にデバイスからの読み出しを行うことが出来ました。

後はカシミール3Dで読み込むなり、Google Earthで開くなり、好きに出来ます。

#ちょっと気が向いたので、ログ編集ツールでも作ってみようかなっと。

 

posted by Jiro at 00:12| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月21日

バーエンドバー

今日は朝から内科+歯医者のはしご。マスクしたまま延々待たされるのは結構つらい。アドエスの電池も切れかけて、暇つぶしも無くなってくるし。

昼ご飯の後、電車で自転車を取りに行く。

取りに行ったところで、昨日見せてもらったバーエンドバーを取り付けてもらった。

タイオガ パワースタッド6 mini

P1080107C

シルバーにしたので、グレーのグリップと合わせると違和感が無くていい感じ。アルミそのままなので、握るとひんやり冷たい。

手のひらの中にすっぽり握り込めてしまう大きさだけど、手を伸ばした姿勢でぐっと握ると、ハンドルがしっかりと引っ張れる。グリップの端に手を置くよりもずっと安定する感じ。

バーエンドバーに手を置いているとブレーキやシフターの操作ができないので、街中で使えないのはお約束。

キャリングバッグにもうまく入りました。めでたし、めでたし。

あとは、サイクリングロードで試すだけ。


昨日付の記事の、地図の貼付に苦労した。

GPSログから「こっからここまで」で切り出して、適当に間引いて、blogに地図と一緒に貼り付けたいだけなのに。

いろんなツールを併用しないといけないのが、もどかしい。

今日のところメモ。

  1. Canmore Phototrackerから、一日分のログをgpxでエクスポート。
  2. カシミール3Dでインポートした後、地図を見ながらトラックデータの前後をカット。再度gpxで出力。
  3. 「轍」でインポート。間引き設定にして、kmlでエクスポート。
  4. Google Mapsのマイマップにインポート。手作業で写真を添付。(ジオタグと連動なし)

てな感じ。毎回これをやるのはかなり億劫だ。

posted by Jiro at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月20日

栄緑地

今日もいい天気。

昨日

カルマックスタジマさんのブログを見てて、近所のサイクリング道路について知る。そんな道あったっけ?車でよく通るところだけど、この十年そんな道の存在に気づいてなかった。

サイクリング道路
(カシミール3D/ウオッちず 12500より)

地図を見ると確かに細い道に沿って「サイクリング道路」と書かれている。ならば、あるんだ。

そう思ってオリンピックの辺りまで出動。入り口らしいものは見あたらない。うーむ。

確かこっちの方向のはず……。記憶を頼りに北へ向かう。自衛隊の駐屯地の東側を抜けたところで、やっと発見。赤茶色の舗装の道が、両脇から生えている。

とりあえず乗り込んで、入り口に向けて戻る。戻る。戻る。と、公園に出た。公園の出口まで出てみて、ようやく場所が分かった。

(国立側の入り口。国立市の北第一公園)

オリンピックの前から、北大通りを少し行ったところにある公園。くにっこバスの「北第一公園西」停留所。この公園の奥から自転車道は始まっていたのだ。栄緑地というらしい。

場所を確認して安心したので、もう一度自転車道に戻り、北を目指す。

それほど太くない道に散歩・ジョギング・昼寝・保育園のお散歩など、日向を楽しむ歩行者の皆さんが一杯いるので、速度は控えめ。意識的にゆっくりと走っていく。

のんびり走っていけるので、うちの奥様と一緒に走るには良さそうだ。

つらつら考えているうちに自転車道はあっけなく終了。

(いなげやビル脇)

(赤線部分が栄緑地)

さて、どっちに行こうか。 北にはモノレールの駅が見える。泉体育館だ。

駅の手前まで行ってから、モノレールの下を立川方面に向かう。少し走ったところで、ふとサイコンを見ると、積算がちょうど300.0kmになってた。 何となく嬉しいぞ。モノレールの下の車道は、交通量が少なく幅もゆったり目なので、自転車でもあんまり怖くない。歩道の幅も広いので、のんびり走るのにも良さそう。

しばらく行くと、昭和記念公園が見えてきたので立ち寄る。8の字で軽く一周してから、帰路につく。

谷保まで行ってからカルマックスタジマさんに寄り、一ヶ月点検を依頼。ついでに、短めのバーエンドバーを見せてもらう。タイオガのPower Studs 6 mini。キャリングバッグに入れる前提だから、長いバーエンドバーは取り付けられないんだよね。これならいいかな。

自転車を預けて、電車で帰宅。背中が汗びっしょりで寒い。ウェアをきちんと揃えないと、風邪を引いてしまうな。

dst:24.7km
Av:19.3km/h
Odo:316.3km

posted by Jiro at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月08日

マークローザで行くよ

昼過ぎ、奥様と子供達がケーキの準備をしていた。後は寝かせて焼くだけになったのを見届けて、お出かけ。今日も天気が良くて、暖かい。

今日はマークローザの慣らしを兼ねて、出発。多摩川に行こうか、昭和記念公園に行こうか。と思って、家を出て数百m行ったところで、年間パスポート忘れたのに気が付いた。ので、あきらめて多摩川へ向かう。

風もそれほど強くなくて、快調。この間は二子玉まで下ったので、今日は上流へ向かおう。

P1080022
多摩大橋の上流側から。

今日はGPSロガーを持って行ったので、前回どこまで行ったか分からなかった場所が多摩大橋=中神のあたりだと分かってすっきり。

五分ほど休憩して、さらに上流へ。

ここから先はだんだん堤防の道も狭くなってきて、ロード乗りの人も少なくなってくる。

出発して1時間のところで、休憩。

P1080027s
昭和用水堰、というらしい。 後で地図をみたら、昭島の近くだった。

ここで折り返し、来た道を戻る。帰る方がペースがいいのはどうしてなんだろ?

家の近所まで来たところで、スーパーで買い物。走ると少し重いけれど、カゴとか鍵とか運用の軽さはママチャリならでは。

Dst:26km
Av:18.9km
Odo:257.9km

平均速度が、トランジットの時とそんなに変わらないのは、エンジンがへっぽこなせいだ。

帰宅すると、ケーキが焼けていた。甘いケーキが実に美味かった。

posted by Jiro at 19:01| 日記

2009年11月06日

ギア比

BSのHPでは、トランジットスポーツのギア構成が記載されていないので、数えてみた。

フロントは42T , リアはSHIMANOのCS-HG30-81のanタイプなので、11-30T。

P1070970

ペダル1回転で走る距離http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/pedal-dis.html のページで、ケイデンスに対応する速度を求めてみる。

  11T 13T 15T 17T 20T 23T 26T 30T
90rpm 41.3 35.0 30.4 26.8 22.8 19.8 17.5 15.2
100rpm 46.0 38.9 33.7 29.8 25.3 22.0 19.4 16.9
(km/h)

普段、4速(20T)で22〜23km/hなので、90rpmで走っていることになる。100rpmで回すのを当面の目標にしよう。

マークローザ・スタッガードはHPに載っていた。F42T、R14-16-18-21-24-28T。

同様に求めると、こんな感じ。

  14T 16T 18T 21T 24T 28T
90rpm 34.0 29.8 26.5 22.7 19.8 17.0
100rpm 37.8 33.1 29.4 25.2 22.0 18.9

(km/h)

3速で同じように回せば同じぐらいの速度になるということか。

posted by Jiro at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

太もも

時間が空いたので昭和記念公園で一走り。止まっている時は冷えるけれど、走り出すと暑くなってくる。ウインドブレーカーの脱ぎ着だけでは調節が難しい。

30分ほど走っていると右膝が痛くなってきたので、意識して漕ぎ方を変えてみた。踏み込む時には力を入れないで、太ももを意識して持ち上げるようにする。上り坂では遅くなるけれど、これで結構走れる。普段使わない筋肉ですぐ足がだるくなるので、控えめのペースで走る。

いい加減疲れてきたところで、弁当を広げてちょっと早めの昼食。うすら寒いので、早めに帰る。

帰ってきたら、リュックを背負う背中のシャツが汗でぐっしょり濡れていた。寒いはずだ。

Dst:31.51km
Av:18.7km
Odo:231.8km

posted by Jiro at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月05日

マークローザ納車

の、前に。パソコンのネットワーク周りが以前から不調でした。ふと気が付くと、回線が切れていて、再起動すると直る。また、しばらくすると切れる。てな感じで。

ここ2〜3日、切れる頻度が高くなってきたと思ってきたら、とうとう何しても繋がらなくなった。

隣の奥様のパソコンは別に問題なく使えてる。

てことは、NICかハブかケーブルか。切り分けすると、ハブの上流側のケーブルまでは生きてることが判明。

何年前に買ったかすら覚えていないような100M SW-HUB。これを機会にGigabit Ether対応のものに買い換えることにしました。

立川のビックカメラで、ハブを物色。5ポート¥4000、8ポート¥7000ぐらいが相場っぽい。最安のBaffallo製品(¥3780)を選択。カテゴリ6a/5mのケーブルと、電源タップをあわせて購入。その他、蛍光灯の替え玉とシールラベル用のプリント用紙を購入。

帰りに、ルミネ1Fのくりこ庵でタイヤキを土産に買って帰る。

一旦、家に戻って蛍光灯その他を置いてからカルマックスタジマさんに向かう。ほとんど組み付けが終わっていて、あと小一時間ほどで引き渡せるとのこと。

待ってる間に、駅前駐輪場のシールの再発行をしてもらいに市役所に行く。シールをもらった後、地下食堂でまったり昼食。

腹も満ちたところで、もう一度店に行き、今のママチャリの金属製ペダルを移植しておいてもらうように依頼して、自転車を置いていく。

谷保駅前の百円ショップを冷やかした後、マクドナルドでコーヒーでも飲んで……と思ったところで、店から電話。「納車できます」早いなあ。

オプションが全て着いていることを確認し、残金の支払いを済ませて、店を出る。トランジットスポーツほど軽くはないものの、普通のママチャリよりはずっと軽くて堅い。いい感じ。

昨日の今日で、まだ足が重いままだけど、よく走ってくれそうな感触。

毎日の通勤の足として使うわけだし、今使ってる矢川駅の駐輪場から、来年度は谷保の駐輪場に変えて、少し長めにしてもいいかもしれない。

帰宅後、奥様にお披露目。各部の説明をした後、自転車ブランクの長い奥様向けに少し練習お付き合い。

これで一緒にお出かけできるね。

 

ハブは問題なく動作しました。上流は100Mのままで、PC同士はGigabitで接続。ファイルのコピーが少し早くなるぐらいしか、効果は無いわけだけど。

posted by Jiro at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月03日

二子玉から帰る

で、初めて自分の足で来た二子玉。帰路につく。こういう時、輪行バッグを持っていれば、電車で帰れるんだろうなあ。

帰り道で反対方向を向くと、初めて気づくこと。足が売り切れてる……。

とにかく足がだるい。力が入らない。太ももがパンパンだ……。サイコンを見て距離を確認すると、ここまで25km。あと25km走らなきゃいけないと思うと、滅入りそうになる。

とはいえ、来ちまったものは仕方がない。踏まなきゃ帰れない。

足の痛みを抑えながら、痛くないように痛くないように回していく。アベレージは落ちていくけど、仕方がない。ロード乗りの人達にビュンビュン追い抜かれていく。それでも、25km/hで走っているところで、「はやっ!」と思うスピードで抜かれるんだ。あの人達はいったい何km/hで走ってるんだろう?

でも、気が付くと、休憩無しで一時間走っていた。往路は休憩だらけだったのに、何で帰りは長時間持つんだろう?

南多摩水再生センター対岸辺りで、本気で足が動かなくなってきたので、休憩。あんパンがうまい。写真を撮りつつ、カロリーが筋肉に回るのを待つ。10分ほど休んだところで、再び先へ。少し休んだだけなのに、結構回復してる。

そこから20分。国立に戻り、中央道の下をくぐったところで、今日のゴールに決める。堤防のサイクリングロードも一旦終わる場所だし。

もう一度休憩&あんパンを補給して、再びカルマックスタジマさんに向かう。

足がもうくたくたなので、軽く流しながらゆっくり谷保へ。

さっき調整してくれたお兄ちゃんに、「ペダル・ブレーキともに快調でした」と報告。でも、一日に二度寄るからには、それ以外の理由がある。

私が一人で走りに行くのを見て、奥様が「私も連れてけ」と主張したのだ。

じゃあ、今あるママチャリで、と言うと、重いから嫌だ、と言う。てことで考えた。

・今のママチャリから買い換える
・奥様が乗れるもの
・普通のママチャリよりも軽いもの
・変速ギアの着いているもの
・フラットバーハンドルのもの
・デザインがいいもの
・ママチャリ並に実用的であること
・私の普段の通勤にも使えるもの

とはいえ、普通のクロスバイクだと飾り程度のカゴしか着かなくて実用的に使えないし、安いママチャリだと重い。

で、選んだのがこれ。

ブリジストン マークローザ・スタッガード

ベース16.1kgで、普通のママチャリよりも軽め。外装6段でそれなりに走れると。スタッガードフレーム(トップチューブが斜めなもの)なので、奥様でも乗りやすい。ハブダイナモ自動点灯ライト・フェンダー・チェーンガード・フロントキャリアにバスケット、と実用装備もばっちり。

何よりもベージュの色がよい。

それにしても、トランジットスポーツといい、マークローザといい、こういう中途半端なところにフィットする商品を作るというのが、ブリジストンのいいところじゃないかな。

GIANTのESCAPE M CLASSICとかも考えたんだけど、この二台雰囲気似ているようで、コンセプトが全然違う。GIANTはどう頑張ってもママチャリにはならない。

ということで、取り寄せてもらおうと思って話を聞きに行ったわけだが、二階に上がってみたらまさにベージュモデルの展示があった。

ゆっくりと各部のチェックをして、色合いを確認。よし。

これなら、明日にでも納車できるとのことで、店長さんと相談しながらオプションを決めていく。

・奥様の欲しがっていたスピードメーター
・両立のスタンド
・ソーラーテールランプ
・前カゴ
・サークル錠
と、いろいろ追加。手付けを払って帰宅。17:00。

「どこに行ってたの!」と奥様に叱られる。ごめんなさい。平謝り。

 

そそくさと着替えて、家族みんなで国立音大の芸術祭に出掛ける。後夜祭の締めくくりにNew Tide Jazz Orchestraの演奏があるのだ。誰も何にも言わないけれど、国立音大出身のとあるジャズミュージシャンが毎年登場するのだ。それを目当てに夜になると人が集まってくる。

夜が更けていくと結構冷え込んできて、唯一コートを着てくるのを忘れてしまった私はブルブル震えながら聞いていた。素晴らしい演奏だったが、寒かった。

くしゅん。

Dst:52.01km
Av:19.5km/h
Odo:200.3km

追記
地名・時間などは、GPSロガーの地図で確認しながら記事を書いています。走っている時は、場所なんか意識してません。自動で走行記録をつけてくれるGPSロガー君に感謝!

posted by Jiro at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

多摩川を下る

昨日の雨から一転、今日は朝から結構な冷え込み。空は快晴。昼食を取った後、メンテも兼ねてお出かけ。先週までは半袖でOKだったのだが、今日はウインドブレーカーを着ていく。

まずは調子が悪いところを確認。

ペダルの異音。右ペダルだけ、上死点から少し踏み込んだところで、カチッと言う感触が足に伝わってくる。少し走り込んだところで少し小さくなっていたのだが、やはり何となく足に違和感がある。

ググってみれば、同様の現象に悩んでる人が結構いることが分かる。片方のペダル、トルクをかけた時だけ、てところで見ていくと、ペダルの締め付け不足か、ペダルのグリス切れか、そんなところらしい。外す→グリスアップ→再取り付け、で直るケースが多いみたい。

新車なので、グリス不足は無いだろう。じゃあ増し締めするか、と思ったら、取り付けに使う8mmの六角レンチを持っていないことが判明。orz

FD-6を単品買いすれば専用レンチが着いてくるらしいけど、完成車では着いて来ないのだった。

もう一つは、リアのブレーキを軽くかけた時に、「ブモモモ・・・・・!」と結構派手な音がすること。ギュッと握ればちゃんと効くので問題がないとはいえ、緩い減速にはリアブレーキを使う癖があるので、何となくいやな感じ。

どっちにしても、自分ではどうしようもないので、再現することを確かめながら、カルマックスタジマさんに向かう。

事情を説明して、メンテするところを見守る。ペダルの方は増し締め。ブレーキはトーイン調整と、やすりで削って当たり出し。いつか自分でやる日が来るかもしれないので、しっかりと見ておく。

10分ぐらいで作業終了。そこらを乗ってみたところだと、いい感じ。お礼を言って、店を出る。

今日はどこに行こうか。谷保まで来たことだし、多摩川まで行ってみよう。

道は頭に入っていないけど、南に行けば多摩川に出るはず。交通量の多い甲州街道は避けて、細い道を入っていく。すぐほどなく日野バイパスにぶつかり、見慣れた都道二十号線に乗る。奥様運転の車で八王子方面に向かう時に、よく使う道だ。交通量もそれほど多くないので、車道を気楽に走っていける。10分ほど走って、多摩川の土手に到着した。

さて、今日はどっちに行こう。

こないだは上流に向かったから、今日は下流に行ってみるか。

足取りも軽くこぎ出して、東へ向かう。この辺りは、府中かぜのみちとかで、綺麗に舗装されていて走りやすい。いつものように、二十分ほど走ったところで脇腹が痛くなり、息が上がってくる。ここを超えると楽になってくるので、我慢して走る。

風景なんか二の次、次の橋まで、次の橋まで、と自分に言い聞かせながら走り、息が上がったところで休憩を取る。二十分に五分ぐらいのペースで休み休み走る。

途中電車の陸橋が見えると、それを理由に休憩を取って、写真を撮ってみたりする。ただ、そんなんで撮った写真が面白いはずもなく、ブログに載せる写真も無し。

小田急線の下をくぐったところで、河川敷に人が集まっていた。何のイベントだろ?堤防が砂利道になっている様子なので、一旦堤防下の市街の方へ抜ける。堤防沿いと思わしき方向に走りながら、電柱の住所表示を見る。

「狛江市」えっと、なんて読むんだ?さこえし?いや、けものへんだから、こまえし、かな?

国立に超してきて15年、こんな名前の街が近くにあるとは知らなかった。後でGPSのログを見たら、登戸の近く。うん、通勤で毎日通過している土地ではないか。(後で奥様に笑われました)

堤防に上って、さらに先へ。自転車道が河川敷のグラウンドの方へ続いている場所にぶつかったので、そのまま下に。草野球の人を群れを縫いながら、鉄橋の向こうを見ると、「玉川高島屋SC」の赤い看板。

うそ、二子玉まで来ちまった。

こないだ、二子玉まで行った人の話を聞いて驚いたけど、意外と来れるもんだなあ。と、我ながら感心。駅の見える河原にて、休憩。

(続く)

posted by Jiro at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記